TMO(タウン・マネージメント・オフィサー)とは、新たな価値創造を目指し、市川市を活性化させることを目的として、地域人材が有する豊富な経験や知識をさらに伸ばし、まちづくりや地域活動の先導役のことをいいます。
 
市川市では2008年より、TMOたる人材を育成すべく講座を開設し、千葉商科大学や和洋女子大学など市内の教育機関をはじめとする教育者や、他地域での活動の成功体験者を講師として招き、また市川市の現状と諸問題の提示のため、市の各部署の責任者を派遣し、官学民一体化による問題解決を模索するための勉強会などを開いてきました。
 
市川市では、以下を講座の目的として掲げています。

 ・市の政策や事業に参画者・協力者となり得る人材の育成
 ・地域活動のリーダーとなり得る人材の育成
 ・コミュニティビジネスを起業する要員となり得る人材の育成
 ・地域の多様な人材のコミュニケーションを形成し
  地域課題解決のための情報ネットワーク構築を目指す人材の育成
 ・修了生有志による新たな地域活動にも期待
 
市川市における「TMO」とは、市の主催する講座の修了を経て得られる資格を指します。
 
→ 市川市のTMO公式ページへ →Indexに戻る